2007年01月05日

ウインズ静内 昨年の発売額、また最低 入場者数も1割減

楽オクの話題ではなく、ローカル競馬ネタになってしまいますが、ブログに書きたい内容でもあるので雑文を少々。

本日の北海道新聞に「ウインズ静内 昨年の発売額、また最低 入場者数も1割減」という記事が載りました。地元ネタでもあり、かつては毎週通ったウインズ静内でもありますから、興味深く記事を読みました。

昨年はディープインパクトというスターホースが活躍したにも関わらず、JRAも年々売上が低下。記憶に間違いがなければ、確か秋のG1レースは全て前年比マイナスになったはずだと思いましたが、確かに中央・地方競馬共に厳しい売上状態が続いています。

記事の中でウインズ静内所長は「入場者減少には電話投票の普及が影響しているほか、道内景気の低迷も大きい」と分析しており、果たしてこの分析は正しいのか?と考えると、確かに当てはまっているとは思うものの、何かが違うように思います。

それでは何が原因かと考えると「魅力」が無くなってきているからに他ならないように感じます。マスコミはよく「レジャーの多様化」という言葉を使いますが、確かにレジャー産業も多様化していますが、競馬に魅力があれば、そこにファンは必ずや集まるだろうし、必然的に馬券の売上も上がるでしょう。

それでは、その「魅力」が今はあるのか?と考えると、残念ながら魅力ある競馬とはいえないのではないかと考えます。

かつてのシンボリルドルフ対ミスターシービーや、ナリタブライアン対マヤノトップガン、そして古くはトウショウボーイ対テンポイント対グリーングラスのような名勝負がファンを魅了しましたが、近年では好レースはあるものの名勝負は少なく、マスコミ報道も作られた報道の面が強く、ディープインパクトの凱旋門賞時のドーピング疑惑についても、結局真相がウヤムヤのままに終わってしまい、周辺の作為には何か興奮が冷めてしまう感じを覚えます。

また、おそらく制作は電通なのでしょうが、JRAのコマーシャルを見るたびに思うのは「これで新たなファンは獲得できるのか?」といつも思ってしまいます。

スポーツの感動とは何か、競馬の本質とは何か……を改めてJRAは考えるべき時が来ているのではないだろうか。

少々話は脱線しましたが、昨年末のばんえい競馬廃止問題の時も思いましたが、ファンサービスそして興行のアピール方法も現状のままでは売上増に繋げることはできないだろうし、ファンの望む情報公開とサービスを検討してもらいたいと、一競馬ファンとして思うところであります。

何だかまとまりない文章になりましたが、さて、今晩は「さらば宇宙戦艦ヤマト」でも見て懐かしさを味わいます。
posted by babiru_22 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック