2013年03月05日

『死刑絶対肯定論 無期懲役囚の主張』美達大和

【送料無料】死刑絶対肯定論 [ 美達大和 ]

【送料無料】死刑絶対肯定論 [ 美達大和 ]
価格:735円(税込、送料込)



 哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない…。現役の無期懲役囚である著者が、受刑者自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。リアルな量刑論。

 本書は、無期懲役囚である著者が、長期刑務所の実態を踏まえて「量刑のあり方」を考察したもので、刑務所と犯罪者の実態を踏まえ、本当に有効な刑罰のあり方を提示し、死刑の有効性と終身刑の非現実性を訴えたもの。本書では、20年近くにわたる刑務所内での観察や聴き取りから、殺人を犯した者の大多数は犯行を悔いも反省もせず、更生は「夢のまた夢」と言い切り、罪と罰の均衡や遺族の応報感情を満たす面からも、死刑は必要と著者は主張していますが、死刑制度については様々な意見があるでしょうが、被害者を尊重する制度であってほしいと願いますし、更正施設としての役割がほとんど機能していない現在の長期刑務所の問題点についても、議論が必要に感じます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック