2007年03月12日

コミック「ウイニング・チケット」と大井競馬の「現役外国馬」の導入について

以前に
コミックの宣伝です 「ウイニング・チケット」第1巻発売中!
にて、宣伝も兼ねて週刊ヤングマガジンで連載中のコミック「ウイニング・チケット」1巻についてを書きましたが、続巻となる2巻が今月発売され、今日じっくりと読みました。

 

その「ウイニング・チケット」も新たな展開となりつつあり、特に馬産地の実情に関しては、毎月のように原作者の河村清明さんが、こちら北海道の馬産地でもある日高管内まで取材に訪れていることもあり、非常に丁寧に描かれています。

河村さんがここのブログを読むことはないと思いますが、ちょうど今は取材で新ひだか町に訪れているとのことですから、取材で忙しいでしょうが、こちらに来た時に時間があれば、またうちの店にも訪れて下さい。その時は今年の日本ダービーの予言をしましょうか。。。

日本ダービーの予言と言っても、ここを読んでいる人はサッパリ訳の分からんことを書いてと思っているでしょうから、少々説明しますと、昨年の皐月賞前に河村さんが当店に来客し、その際に「今年のダービーはメイショウサムソンが勝ちますよ」と理由も含めて断言したのですが、そのメイショウサムソンは皐月賞に続いて日本ダービーを制覇し、予言的中させたというわけです。といっても僕は超能力者でもないですし、馬の見方も正直分かりませんが。。。

話をコミック「ウイニング・チケット」に戻しますが、この2巻の中で、地方競馬での外国人馬主について描かれていますが、実際には日本の競馬においては現在外国人馬主の登録は認められていませんが、つい最近
大井競馬が外国馬を導入
というニュースが新聞などでも取り上げられました。

また、このニュースの経緯ともなりますが
生産者185人が大井に抗議…現役外国馬導入問題
というニュースもありましたので、ご参考まで。

この大井競馬での「外国現役馬」の導入については、外国で出走経験のある競走馬の出走を認可するということであり、外国馬導入は4月から試行的に2年間で、年間10頭以内(馬主1人当たり2頭まで)とのこと。

この問題については、大井競馬の開催執務委員長は「今まで以上に魅力あるレースをファンに提供したい」とコメントしていますが、どうも裏で何か行われているのではと勘繰るところがあり、このことについても個人的意見を書かせてもらいます。

競馬ファン以外には何のことかサッパリわからないでしょうが、考えると非常に闇の部分の多いところかもしれませんから……。

というのも、当初は外国で出走経験のある現役馬が大井競馬で走るだけでは、売上は伸びるとは思えず(海外G1を勝つような競走馬が走るのなら別だろうが)、生産者側にとっては馬が更に売れなくなることに繋がる可能性があり、これは北海道の地域経済への影響も出てくる心配があります。

ただ、新聞などの報道では書かれていませんが、どうも今回の大井競馬での外国現役馬の導入については秘密裏に話が進められた感が強く、疑念を持つところも多いのです。

そもそも国際競走を開催していない大井競馬が急に日本人馬主による外国現役馬の導入を認めるというのは、どうも腑に落ちません。

おそらく、一部の権力のある馬主が、海外で走っている自分の馬が海外では成績が上がらないので、賞金の高い日本の競馬で走らせたいという意向なのか、将来的に中央競馬でも同じように外国現役馬を走らせたいのではないかと推測をしてしまいますが、競馬界の閉鎖的な部分の開放であればいいのですが、どうも

主催者が囲っている調教師、馬主に特権を与え、生産者だけが不利益になる開放

ではないのかと思うのですが、実際はどうなんでしょうね?
それよりも競馬ファンに対してのファンサービスの充実を先駆けて実施する必要があるとも思うのですが。。。

posted by babiru_22 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック