2007年03月16日

ライブドア・堀江被告に懲役2年6月の実刑判決

堀江被告の実刑判決のニュースは、
堀江被告に懲役2年6月の実刑判決・東京地裁
を始めとして、各メディアも大きく報道していますが、個人的には、証券取引法違反の内容からも有罪判決は当然とは思いますが、改めて思うのは、日興コーディアルグループやカネボウの方が粉飾内容が酷いのに、ホリエモンだけが吊るし上げられるというのは本当に訳が分からんです。

ホリエモン有罪なら、日興幹部も有罪で上場廃止が当然のように思うのですが、マスコミも日興に関しては報道を避けているように思えますし、どうも理解不能です。
僕の頭が悪すぎるだけなんでしょうかね。

また、ダミーの投資事業組合を使ってのインサイダー取引で問われるなら、企業名こそ書きませんが、疑わしき企業もありますし、日興も有罪判決となるなら別でしょうが、どうも日本の司法も茶番劇をやっているように見えてしまいます。

結局、日興は元警察庁長官の国松氏が天下りで取締にいるからセーフということなの?

でもホリエモンを実刑とするなら、この後続々と実刑喰らう企業の社長がワンサカと出るということになるのか?

似たようなことは、楽天の修正IR乱発(報告書の中で約1864億円もの大幅な長期借入金の利率を大きく修正)は有価証券報告書の虚偽記載に該当するだろうし、その利率修正前に自社株を売り抜けて利益を得ていたのだから、これインサイダーの疑惑が極めて高いんじゃないの?

しかし腐った司法によって社会悪が更に蔓延ることになりかねないとも思うし、これ未来の子供達に説明できます?

子供「悪いことしたら、どうなるの?」

回答「バックに天下りなど権力があれば、すり抜けられるんだよ」


ということになってしまうでしょ。

これが

美しい国・日本なの?
posted by babiru_22 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック