2013年10月25日

『水族館の殺人』青崎有吾

【送料無料】水族館の殺人 [ 青崎有吾 ]

【送料無料】水族館の殺人 [ 青崎有吾 ]
価格:1,890円(税込、送料込)



 夏休み、風ケ丘高校新聞部の面々が訪れた水族館で、サメが飼育員に喰いついた。駆けつけた警察は、殺人事件として捜査を始めるが、容疑者には強固なアリバイが。仕方なく、あの天才・裏染天馬を呼び出すことに…。

 夏休みも中盤に突入し、風ヶ丘高校新聞部の面々は、「風ヶ丘タイムズ」の取材で市内の穴場水族館に繰り出した。館内を館長の案内で取材していると、サメの巨大水槽の前で、驚愕のシーンを目撃。な、なんとサメが飼育員に喰いついている!駆けつけた神奈川県警の仙堂と袴田が関係者に事情聴取していくと、すべての容疑者に強固なアリバイが…。仙堂と袴田は、仕方なく柚乃へと連絡を取った。あのアニメオタクの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。

 本書は、『体育館の殺人』に続く、裏染天馬シリーズの第2弾。前作での体育館に続いて、今度は水族館での殺人事件を解決していきますが、紙やモップやバケツから容疑者を絞り込んでいく過程も、ミステリとして非常に凝っていて、謎解き過程も面白い展開で、主人公の裏染天馬は勿論のこと、登場人物もそれぞれ個性的に描かれていて、本格推理の展開も楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック