2014年07月15日

昨日の出来事(7/14)

■ 韓国、日本人客3割減に危機感…誘致イベントも

「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていくべきだ」って、自分達で日本の文化交流を直前で勝手に中止したりしておいて、何を言っているんだ?(呆)

日本人観光客の減少を訴えたいなら、自国の政府に言うべきで、観光客が減るのは

自業自得

であり、反日は止めないが、金をくれという呆れた物言いは、言葉もありません。。。(呆)

■ 派遣社員「名簿は金になると思った」

『ベネッセコーポレーションの通信教育サービスを利用している顧客の個人情報が大量に流出した問題で、情報を持ち出した疑いがある外部業者の派遣社員が、警視庁の任意の事情聴取に関与を認めたうえで「金が欲しくてやった。名簿は金になると思った」などと話している』とありますが、あまりの短絡思考には呆れるばかりです。

派遣社員とはいえ、仕事は責任をもって行うべきですが、こういう輩は民事で全財産を搾り取られるべき。

そして、派遣の親会社であるベネッセは、子会社に委託したという認識しかなく、子会社は業務を遂行したという認識しかないのでしょうが、責任の所在を明確にすることで、ある程度未然に防ぐことにも繋がるのだから、法規制をしていくべきです。

■ アダルトDVD送りつけに注意を

『注文していないアダルトDVDが突然、自宅に送られてきたうえ、代金を請求されたというトラブルの相談がことし5月以降、増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています』とのことですが、この個人情報流出はどういう経緯で流れたかが気になります。

いわゆる送り付け商法なのでしょうが、明らかな違法だから、代金など払う必要はありませんが、「すべてのケースでおよそ60万円の代金を請求されていた」とのことで、この時点でおかしいことに気付かないのだろうか?

■ ドイツ、4度目の世界一=アルゼンチンを延長戦で振り切る

『サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は13日(日本時間14日早朝)、リオデジャネイロのマラカナン競技場で決勝が行われ、ドイツが延長戦でアルゼンチンを1−0で下し、1990年イタリア大会以来6大会ぶり4度目の優勝を果たした』とあり、ドイツが今大会で見事な優勝に輝きました。

決勝戦は延長までもつれ込む展開で、目が離せない試合でもありましたが、見応えある試合でもあり、今大会はドイツの強さを改めて感じましたし、若手からベテランまで、選手達が一丸となり、強さを感じたドイツでもありました。

個人的には、今大会は特に決勝トーナメントから、世界のサッカーの醍醐味を感じましたし、いい大会だったと思いますし、さすがはサッカーワールドカップ。見応えある試合が多く、とても楽しめました。

試合を見るため、ここ数日は連日、早寝早起きと、普段と生活リズムが違う日が続きましたが、それだけ試合を見るのが楽しかったですし、4年後のワールドカップまでは、まだ長いですが、サッカーの魅力を改めて感じた大会でした。
posted by babiru_22 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック