2016年01月12日

『キングダム』新野剛志

キングダム [ 新野剛志 ]

キングダム [ 新野剛志 ]
価格:1,728円(税込、送料込)



 過激な暴力と破壊的な権力で裏の世界を牛耳る半グレ集団、武蔵野連合。その頂点に実質君臨する真嶋の成功を、元同級生の岸川は信じられずにいた。嫉妬と羨望を呑み込み、王国は巨大化する…。『パピルス』連載を加筆・修正。

 東京の裏社会に君臨する武蔵野連合。愚連隊から組織となった集団は、地元の絆と仲間意識で繋がっている姿なき組織であった。その実質的トップと噂される真嶋は、闇金と詐欺、そして芸能界や政界と癒着し、自らの”王国”を築こうとしていた。一方、真嶋の元同級生の岸川は、職場をクビになり失業。偶然出くわした真嶋の成功に心を乱される。……なんであんなやつが。武蔵野連合が絡んでいると思われる事件を追う刑事・高橋は、連合の実態を追えば追うほど、その集団の得体の知れなさが不気味になる。彼らは……真嶋は、一体何を企んでいるのか。そして新たに、一人の女子高生が、王国の見えない罠に呑み込まれ……。嫉妬、羨望、因縁、怨恨。あらゆる人間の感情で生み出された王国は、彼らにとって自らの居場所となるか、それとも……。

 物語は、過激な暴力で裏の世界を牛耳る半グレ集団、武蔵野連合と、その頂点に君臨する真嶋を軸に男たちの嫉妬と欲望を描いた作品。物語で描かれる武蔵野連合は、関東連合をモチーフにしたものだと思われますが、ノワール小説として、迫力タップリに描かれます。組織よりも個人の存在を中心に描いているのは、いかにも著者らしい物語でもありますが、ラストがやや中途半端な終わり方だったのが少々残念ではあるものの、作品としては面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック