2016年05月06日

『コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか』旦部幸博




 コーヒーの独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を科学の視点で徹底分析。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る。

 今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

 本書は、コーヒーのおいしさを構成する要素についてを、科学的視点から解説したもの。コーヒーの科学的変化の分析というのは、興味深い視点でもあり、コーヒーを飲みながら読みましたが、コーヒーの味わい深さを改めて感じる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック