2016年08月05日

昨日の出来事(8/4)

■ 「大敗を受けて会長以下5役が辞職します」自民東京都連 石原伸晃会長が自身と「ドン」らの辞職を表明

『自民党東京都連の幹部会合が4日午前、都内で開かれ、都連会長の石原伸晃経済再生担当相ら執行部が辞意を表明した。都知事選で擁立した元総務相増田寛也氏が敗北した責任を取る』とのことですが、辞職して終了ではなく、小池都知事には自民党都連の

利権構図

を徹底的に情報公開してほしい。

特に内田幹事長は、院政できないようにするべきで、これで都議会解散は無くなったでしょうが、闇の構図ともいえる図式こそ明らかにするべきだ。

■ 辺野古対立長期化なら沖縄振興予算減額も…菅氏

『菅官房長官は4日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題をめぐり翁長雄志知事との対立が続いた場合、政府が支出する沖縄振興予算を減額する可能性を示した』とありますが、可能性を示したとかぬるいことを言っているのではなく、可能性については以前から示していたのだから、即時減額にするべき。

沖縄への振興予算の増額は、普天間の辺野古移設が前提となっているのだから、振興予算は減額どころか、ゼロにしてもいいくらいだ。

■ 性同一性障害、刑務所はどちらに? 受刑者が見直し訴え

『心と体の性が一致せず、男性に生まれながら女性として社会生活を送ってきた人は、刑務所内でも女性として扱われるべきか。傷害致死罪で実刑が確定し、男性刑務所で服役中の性同一性障害の受刑者が処遇の見直しを求めている。弁護団は「本人が真に立ち直って罪を償うためにも、自覚する性別に従って服役できるようにすべきだ」と刑務所に申入書を出した』とのことですが、あくまでも戸籍に基づいた対処とすべきでしょう。

刑務所に待遇改善を要求したいという気持ちは分かりますが、それなら刑務所に入るようなことをしなければいいのであり、受刑者であるのだから、制限があるのは当然のことで、他人の人権を踏みにじっておきながら、自分の人権だけは主張するというのもいかがなものかと思います。

■ 「アダルトビデオ鑑賞部屋」もあった!?“無法地帯”奈良市ごみ処理場…職員たちのあきれた実態

『職場に“私設”トレーニングルームが設置されていたことが判明した奈良市のごみ処理場「環境清美センター」。市がさらに建物を調べたところ、回収された廃棄物や電化製品が処分されず至るところに放置され、エアコンや冷蔵庫、テレビ、アダルトビデオを備えたプレハブ小屋が無断で作られているなど、“無法地帯”と化していた実態が明らかになった』とありますが、あきれた実態なのは勿論ですが、こんなのが無断で作られるというのは、奈良市の行政の怠慢です。

いわゆる同■利権と言われても仕方ないでしょうし、地元市民は無関心でいるのではなく、もっと大きく声を出すべきです。
posted by babiru_22 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック