2016年08月26日

『戦うハニー』新野剛志

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

戦うハニー [ 新野剛志 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/8/11時点)



 私立保育園「みつばち園」で保育士として働き始めた星野親。そこは事情を抱えた子どもたちが多く集まる園だった。星野は体当たりで子どもたちやその家族と向き合うが…。『小説野性時代』掲載を書籍化。

 星野親、27歳。大手保険会社を退職し、子どもの頃からの夢だった保育士として、無認可保育園「みつばち園」に勤め始めた。そこは、事情を抱えた子どもたちが多く集まり「ダイナマイト・ハニー」と呼ばれる園だった。十分なごはんを食べさせてもらえない子、パチンコに夢中で迎えに来ない母親、父母同士の不倫…。星野は答えの出ない問題に体当たりでぶつかっていく。そんな中、みつばち園は運営形態を市から問題視され、存続の危機に立たされる。園のため、そして子どもたちを守るため、星野たち保育士はある行動に出る…。

 物語は、無認可保育園の実話をもとに、トラブル続きの保育現場の今をリアルに描き出した作品。実話がもとになっているだけに、かなり現実的かつシビアな出来事が描かれますが、著者らしく決して堅苦しい展開とはせず、ユーモアも交えて面白く描かれます。しかしながら、男性保育士としての大変な仕事ぶりや、保育行政の問題がしっかりと描かれ、主人公の保育士としての奮闘記としても興味深い物語となっています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック