2016年12月26日

『あしたの君へ』柚月裕子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あしたの君へ [ 柚月裕子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/26時点)



 見習いの家裁調査官補は、先輩から、親しみを込めて「カンポちゃん」と呼ばれる。「カンポちゃん」の望月大地は、心を開かない相談者たちを相手に、真実に辿り着くことができるのか…。全5話。『オール讀物』掲載を単行本化。

 裁判所職員採用試験に合格し、家裁調査官に採用された望月大地。だが、採用されてから任官するまでの2年間……養成課程研修のあいだ、修習生は家庭調査官補・通称“カンポちゃん”と呼ばれる。試験に合格した2人の同期とともに、九州の県庁所在地にある福森家裁に配属された大地は、当初は関係書類の記載や整理を主に行っていたが、今回、はじめて実際の少年事件を扱うことになっていた。窃盗を犯した少女。ストーカー事案で逮捕された高校生。一見幸せそうに見えた夫婦。親権を争う父と母のどちらに着いていっていいのかわからない少年。心を開かない相談者たちを相手に、彼は真実に辿り着き、手を差し伸べることができるのか……。彼らの未来のため、悩み、成長する「カンポちゃん」の物語。

 本書は、法曹界を舞台とした全5話の連作小説。主人公となる家庭裁判所調査官補の望月大地は、実務修習として九州の裁判所に配属されたばかりの新人で、少年事件と離婚など家事事件を扱う家庭裁判所で、審判や調停に向けて当事者の置かれた状況を調べ、解決に導く調査官を目指す望月大地の成長を描いた作品。それぞれの案件で当事者の悩みに真剣に向き合い、調査していく姿も見応えがあり、できれば続編を希望します。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック