2017年05月16日

『異端者』勝目 梓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異端者 [ 勝目 梓 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)



 情欲、悔恨、恥辱。夜ふけの静かな波音だけが、不思議な深い慰めと安らぎをもたらしてくれる…。戦後日本を生き抜いた男の、人には明かせない記憶の数々。官能文学の第一人者として長く君臨した作家による長編小説。

 物語は、南房総の古いリゾートマンションで暮す72歳の老境を迎えた主人公が、自ら封印してきた過去の性遍歴と秘事を振り返りながらの苦悩を描いた作品。かつての著者の作品らしいバイオレンスさはなく、官能に特化した物語で、個人的には今一つでしたが、性の苦悩はよく表現されていました。

【満足度】 ★★★
ラベル:勝目 梓 異端者
posted by babiru_22 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック