2017年05月19日

『海に向かう足あと』朽木 祥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海に向かう足あと [ 朽木 祥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)



 東京近海の小さな島で開かれるヨットレースに参加したクルーたち。だが、人々は現れず、電話も繋がらない…。いったい世界で何が起きているのか? 心に迫る切ないディストピア小説。

 村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬2匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか?

 物語は、6人のヨットクルーたちのヨットレースの日々と、それが突然断ち切られてしまう恐怖を描いた作品。特にラストは背筋も凍る展開となり、とても切ない物語でもありましたが、非常に印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450040722

この記事へのトラックバック