2017年06月30日

『メビウス1974』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メビウス1974 [ 堂場 瞬一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)



 長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が起きた1974年10月14日、過激派の下山英二が失踪した。下山を追う刑事、下山が愛し続ける女、下山と決別した弟。二度と会うはずのなかった男女が再会した時、最後に見たものは…。

 1974年10月14日は「日本の夢が終わった日」。長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が同時に起きたその日に、過激派の次代の「エース」下山英二が突然、失踪した。彼はなぜ逃げたのか? 下山を追う刑事、下山が愛し続ける女、下山と決別した弟。かつての裏切りを許せない者と、許す者。もう二度と会うはずのなかった男女が42年ぶりに再会した時、最後に見たものは、絶望か?希望か? 失われた過去を取り戻すために奔走する人間達の心理劇に、誰もが己の過去と未来を重ね合わさずにはいられない。あの日、あなたは何をしていましたか? あの時代は、何だったのか?

 物語は、長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が同時に起きた日を舞台とした作品。学生運動も絡め、昔にこだわり続ける登場人物の物語でもありますが、展開があまりにも強引すぎて、どうもスッキリしない物語でもありました。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック