2017年12月13日

『ソロ』笹本稜平

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソロ SOLO [ 笹本稜平 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/12/13時点)




 新進気鋭のアルパインクライマー奈良原和志は、ヒマラヤ屈指のビッグウォール、ローツェ南壁に単独登攀で挑む。それは心の師であるトモ・チェセンの初登頂の真実を証明するためだった…。『小説NON』連載を加筆・訂正。

 あのルートを、たった一人で、しかも名もない日本人が登れるわけがない…アラスカからヒマラヤへ、数々の難壁に初登攀の足跡を残してきた新進気鋭のアルパインクライマー奈良原和志が、そんな周囲の雑音をよそに、初めて目指した8000メートル峰が世界第4位のローツェ、しかも最難関の南壁ルートだった。そこは伝説的な登山家トモ・チェセンの“疑惑の登頂”の舞台として、いまも世界の登山界で語り継がれる因縁の壁でもある。心の通い合う仲間に支えられ、いわれない妨害を受けながらも、心の師であるトモの初登頂の真実を証明すべく、和志は自らの限界を超えて世界屈指の壁に立ち向かうが…。

 物語は、新進気鋭の若手クライマーの主人公が、ヒマラヤの世界第4位の高峰ローツェの最難関の南壁ルートに挑むストーリー。尊敬するクライマーや友人との信頼関係の一方で、登攀を阻止しようとする人達の存在なども含めて、過酷な環境の中での単独登山の様子は、迫力と共に読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
ラベル:ソロ 笹本稜平
posted by babiru_22 at 16:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]