2018年01月31日

『藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 名作秘話編』えびはら武司




 藤子・F・不二雄自身が面接をした最初で最後の弟子である著者が、「ドラえもん」「オバケのQ太郎」などの名作のウラ話を4コママンガで紹介する。『本当にあった愉快な話』連載に描きおろしを加えて再構成。

 あれっ!?マスクが違う? キャラの違いが激しいパーマン初登場。オバケのQ太郎は落語がヒントになって生まれたキャラクターだった!! ドラミちゃんは当初、妹ではなくドラえもんの恋人設定だった!? ドラえもんが青くなったのはネズミにかじられたからではなかった!? 藤子・F・不二雄先生が語った衝撃の事実!! 先生自身が面接をした最初で最後の弟子が明かす、あの名作ウラ話。

 本書は、前作『藤子スタジオアシスタント日記』に続く第2弾。『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『魔太郎がくる!!』『パーマン』『プロゴルファー猿』『ポコニャン』『怪物くん』『バケルくん』など誰もが知っている名作のウラ話や藤子スタジオの魅力が描かれた一冊で、知られざるエピソードなど面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]