2018年02月26日

昨日の出来事(2/25)

■ 働き方、与党は今国会成立目指す=野党は提出断念要求

『与野党の政策責任者は25日、NHKの討論番組に出演し、裁量労働制の対象拡大を盛り込む「働き方改革」関連法案をめぐって議論した。自民、公明両党は、裁量労働に関する調査データ誤用問題で政府に注文を付けつつ、今国会成立を目指す考えを強調。野党側は法案の提出断念を求めた』とのことですが、与党の「働き方改革」関連法案の中身は問題点は確かに複数あります。

しかし、野党は対案や改正案を提出するならともかく、それをしないで提出断念要求って、仕事する気あるのか?

野党は、野党としての「働き方改革」を示して、その中身で議論をすべきで、いつも思うことですが、野党は

対案を示せ

と言いたい。。。

■ 最強のチームジャパン実証…日本選手団長が総括

『今大会の日本勢のメダル総数が13個(金4、銀5、銅4)と、1998年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)を超えて冬季大会最多となったことについて、斎藤団長は「最強のチームジャパンであることを実証した」と評価した』とありますが、大会前は盛り上がりに欠けていましたが、日本選手それぞれの活躍は評価できる大会だったとは思います。

ただ、今回の平昌五輪は、あからさまに政治利用する国があり、大会運営も問題がった五輪だったとも思います。

その総括は必要でしょうが、あの国は総括などしないんでしょうね。。。

■ 環境省:大規模災害時のペット救護基準を改訂

『環境省は25日、大規模災害時のペット救護策を示したガイドラインの改訂版を公表した。災害初期の混乱している段階では、ペットの健康と安全を守る責任は飼い主にあることを強調。どのような避難所でペットとの同居を認めるかなど、自治体などが作成する災害時の避難所運営のマニュアルに反映される。改訂版は、災害に備えて飼い主への普及啓発が必要な点として(1)日ごろからペット用品を備蓄し、しつけをしておく(2)ペットとの同行避難は飼い主の安全確保が前提(3)同行避難が避難所での同居を意味するわけではない−などを挙げている』とのことですが、この改定案は概ね賛成です。

災害時というだけでなくとも、ペットの健康と安全を守る責任は飼い主にあります。

また、ペット用品の備蓄やしつけも飼い主なら当然行うべきですし、避難所でのペットとの同居は他の避難者のことを考えると、安易に受け入れるべきではありませんし、自治体でもペット避難の対策をしっかりしてほしいです。
posted by babiru_22 at 07:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]