2018年05月12日

『シネマコンプレックス』畑野智美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シネマコンプレックス [ 畑野智美 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)




 クリスマス・イブで賑わう郊外のシネコンで働く、学生やフリーターや主婦たち。恋に悩み、コンプレックスを抱え、将来に不安を感じながら走りまわる彼らの、長くて短い1日を描いた連作短編集。『小説宝石』掲載を単行本化。

 郊外にあるショッピングセンターのシネコンでは、学生やフリーターや主婦たち百人近くが働いている。今日のクリスマス・イブは、日曜日で舞台挨拶やイベント上映もあるから、かなりの人数が出勤しているようだ。恋に悩み、コンプレックスを抱え、将来に不安を感じながら、慌ただしく走りまわるスタッフたちの、長くて短い一日がはじまる。シネコンでのアルバイト経験ある著者が、自らの青春を詰めこんだ連作短編集。

 本書は、シネコンで働くそれぞれのスタッフを主人公にした7つの連作集。フリーターや大学生や主婦など、それぞれの持ち場であるシネコンの裏側が興味深く紹介されていて、人間模様が群像劇として描かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]