2018年06月10日

昨日の出来事(6/9)

■ 安倍政権批判とアベノミクス批判 区別できず墓穴を掘る人たち、筋違いの議論で笑われるだけ

『経済政策での批判が無理となると、今度はモリカケのような無駄なことばかりやってしまう。批判者は建設的な議論ができず、典型的な悪循環に陥ってしまっているようだ』とありますが、

批判ありき

での批判なだけに、建設的な議論をする気もありませんし、ましてや対案すら出しません。

批判するのであれば、問題点を指摘して、その問題点を解決するためにはどうすればいいかを提示すればいいのですが、建設的議論にもって行こうとする姿勢もないですからね。。。(呆)

■ デート商法の契約、取り消し可に 改正消費者契約法成立

『消費者契約法は不当な勧誘による契約を取り消せることなどを定めている。今回の改正では、就職や容姿などについて不安をあおることや、恋愛感情を悪用した「デート商法」を不当な勧誘と定め、契約を取り消せるようにする』とのことですが、これホストクラブやキャバクラにも該当するのでは?とも思ってしまいましたが、デート商法の線引きも曖昧ですよね。

騙す側が一番悪いですが、騙される側もあまりにも無知すぎる部分があるだけに、もっと注意喚起を促す取り組みをした方がいいのでは?

■ 唯一のスーパー次々閉店 道内の町村 バスや移動販売支援限界も

『市町村で唯一の食品スーパーの閉店例が、道内で相次いでいる』とあるように、道内の町村で食品スーパーの閉店が近年続いています。スーパーだけではありませんが、売上が下がって経営が成り立たなくなれば、閉店せざるをえません。道内の町村でも、少子高齢化で人口が減り続けている自治体は、スーパーの経営が難しくなってきているから閉店が続いていることだと思います。

こうした現象は、今後全国の地方でも続々と起きるでしょうが、改善策は少ないですが、自治体そのもののコンパクト化を進めていく他ないように思います。。。

posted by babiru_22 at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]