2018年06月13日

『メガネと放蕩娘』山内マリコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メガネと放蕩娘 [ 山内 マリコ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)




 「メガネ」女子の長女タカコと、臨月のお腹を抱えて帰ってきた「放蕩娘」の妹ショーコのもとに、街を変えるキーパーソンが集結し…。地元富山の商店街を徹底取材して描いた社会派エンタメ。『CREA』連載を単行本化。

 とある地方都市で市役所勤めをしているタカコ。彼女の実家は商店街にあるウチダ書店だが、最近、客足は途絶えっぱなし。かつて栄えていたこの商店街は、いまやシャッター街も同然なのだ。そんな瀕死の商店街に、10代で家を出たタカコの妹、ショーコが突然帰ってきた。臨月のお腹を抱えて……。東京でカリスマ店員として働いていたショーコが、商店街再興を目指して動き始める。デイケアと保育所をあわせた施設の企画、商店街をあげてのファッションショー、大学生ステイ受け入れや、マンスリーショップの運営。商店街で生まれたショーコの娘、街子も商店街とともにすくすく育っていく。ショーコの活躍で一時的に賑わいを取り戻したかに見えた商店街だったが、それも束の間。個人の努力ではどうにもならない、思いもよらぬ結末が待ち受けていた。

 本書は、人通りが減り活気を失った富山市の中心商店街を舞台に、まちを活性化させようと奮闘するアラサー姉妹の姿を爽快に描いた作品。物語では、市役所職員、商店街の若手経営者、地元大学の研究者ら多くの人々が街の再生に取り組む様子が熱く描かれますが、理想と現実問題などもリアルに描かれており、地方の特性や人物描写も細かく描写され、地方の商店街の問題も分かりやすく書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]