2018年07月19日

昨日の出来事(7/18)

■ 石井国交相への問責決議案否決 与野党攻防激化

『カジノを含むIR整備法案の国会審議をめぐり、参議院野党第1党の国民民主党などは「豪雨災害への対応よりもカジノ解禁を優先する姿勢は看過できない」などとして、17日、法案を担当する石井国土交通大臣に対する問責決議案を参議院に提出しました』とのことで、否決は当然のことではありますが、問責決議案を参議院に提出した特定野党こそ、この豪雨災害で復旧活動が続く中、国交相の問責決議案を提出するのは

復旧の邪魔

をしている行為であり、必死に災害対応している国交相に対しての嫌がらせとか、なんで災害復旧の邪魔ばかりするんだ?(怒)

特定野党のやってることは、嫌がらせをして、足を引っ張り、政府としての仕事の妨害が出来ればそれで良いとしか見えません。

東日本大震災の時は野党が民主党政権に協力して、復旧活動にあたりましたが、今の野党にはその姿勢すら見られず、非難を繰り返して邪魔するばかり。

災害復旧ぐらい協力しろ!(怒)

■ 消費もレジャーも被災地支援だ 自粛が引き起こす2次被害…災害の政治利用こそが不謹慎

『本当に不謹慎なのは、自然災害を政治利用する人たちである。被災地以外で生活する一般国民としては、できるだけ平常に過ごすことがいいのではないだろうか』とありますが、これぞド正論。

政治家だけでなく、自然災害を政治利用する人たちは、被災に遭われている方々に対しても失礼極まりないことで、確かに個人の言論の自由はありますが、人間としての最低限のモラルを考えてもらいたい。

■ 「エアコンある教室にとどまる勇気を」 熱中症の専門家

『午前10時時点で28度以上で、高湿度で風がないときは、エアコンのある教室にとどまるなど、勇気ある判断をしてほしい』とありますが、エアコンのない教室も多いでしょうし、勇気ある判断とありますが、そもそも学校が野外での郊外授業をしての事故でもあるのだから、専門家の回答としてもトンチンカン。

学校も野外での郊外授業をするのであれば、生徒一人一人をしっかりとケアできる体制でなければ、ならないでしょうが、問題の本質の議論から逸れているように思うのは僕だけでしょうか。。。
posted by babiru_22 at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]