2018年08月28日

昨日の出来事(8/27)

■ 「プロ市民」登場で報ステ炎上 元共産党議員の肩書に触れず 評論家・屋山太郎氏「報道詐欺、印象操作だ」

『テレビ朝日系「報道ステーション」が、ネット上で炎上している。番組内で陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備に反対する男性を取り上げた際、「元共産党議員」の肩書に触れず、「地元住民」と紹介したことが批判されているのだ。識者も、報道姿勢の公正さに疑問符をつけている』とありますが、テレビ朝日お得意の

印象操作

ですね。。。(呆)

過去にも同様の特定の組織や団体に所属する人のみを取り上げて報道したことが何度もありましたが、この記事にも書かれるように、報道としては偏りのある報道であり、公平性に著しく欠けています。

また、一方的な報道は、視聴者に対しての印象操作とも受け取れるだけに、報道のあり方、報道姿勢をテレビ朝日には問いたいものです。

■ 厚生年金 パート適用拡大 厚労省、月収要件緩和へ 加入、最大200万人増

『厚生労働省は厚生年金に加入するパート労働者の適用対象を拡大する。本人の月収要件を8.8万円以上から6.8万円以上に引き下げるなど加入者を最大で200万人増やす案を軸に検討する。国民年金に限られるパート労働者の老後への備えが手厚くなる。勤め先企業は保険料を折半負担することになるが、人手不足でパートの処遇改善の動きが広がる中、厚労省は議論を進めやすい環境だと判断した』とのことですが、これだとむしろ更に人手不足に拍車をかけることになるのでは?

6.8万以内に抑えようとすると人を増やすしかありませんが、少子高齢化で働き手が少ない中で、これをやると雇用する企業は負担増にしかなりませんし、パート労働者の労働意欲も下がるでしょうが、厚労省は現場の実態こそ把握するべきでしょう。

■ 大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由−SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響

『大丸梅田店に今月22日、女性向けアダルトグッズ「iroha(イロハ)」の期間限定ショップがオープンした。百貨店が同ブランドの製品を扱うのは初めて。賛否両論がありそうだが、出店の背景には、セックスレスや不妊の夫婦が増え、少子化が社会問題になる中、「夫婦の愛をないがしろにしないでほしい」という大丸梅田店の真剣な思いがあった』とありますが、このようなショップを百貨店でオープンさせるのは、別に構わないと思いますし、取り組みの意図も理解できます。

こうした積極的な挑戦する取り組みに対して、様々な意見はあるでしょうが、2週間の期間限定ショップとして、どう集客に繋げられるかは課題でしょうね。。。
posted by babiru_22 at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]