2018年09月12日

『わたしの本棚』中江有里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしの本棚 [ 中江有里 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)




 カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者が、大切な転機あるいは危機を救ってくれた24冊について綴る、読書エッセイ。『文蔵』掲載を改題し、加筆・修正。

 自分を成長させてくれた、たいせつな24冊。カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…わたしの本棚はまさに“人生の写真アルバム”。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者の読書エッセイ。

 本書は、単なる書評集ではなく、幼くして両親が離婚し、自らの意思で母のそばにいることを選んだ著者が、転校した先の小学校で『家なき子』を手に取り、生きていくためには何が必要か、何もできない今の自分という存在、絵空事ではなく現実を突きつけてくる本との出合いについてを、『家なき子』を皮切りに『倚りかからず』『わたしを離さないで』など、人生の折々に出合い、大きな示唆を与えてくれた24冊の本のことが当時の思いとともに綴られたエッセイ。両親の離婚、芸能界デビュー、4つの高校生活、通信制の大学入学、脚本家デビュー、突発性難聴、祖母や叔父の死去、母親の再婚……と、様々な人生の転機に出会った本の紹介は、単なる書評とは違って重みのある内容でもありました。「本は逃げるための手段で道具だ」という言葉もとても印象に残りました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]