2018年09月16日

『イザベルに薔薇を』伊集院静

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イザベルに薔薇を [ 伊集院静 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/9/16時点)




 詩を愛する心優しい青年・詩人美は、郷里の山口から上京し、歌舞伎町で暮らす叔父のもとに身を寄せた。恋を知り、勝負の場に身を置き、旅に出て、青年は骨太な大人に成長していく…。『週刊大衆』連載を加筆・修正。

 郷里の山口から上京した青年・詩人美。中原中也、高村光太郎…詩を愛する心優しい青年は、新宿・歌舞伎町で暮らす叔父の無塁のもとに身を寄せていた。ギャンブルと酒を愛する無塁とともに様々な人と出会い、色々な経験をする詩人美。恋を知り、勝負の場に身を置き、旅に出て、大切な人たちを失い…青年は強い風にもビクともしない骨太な大人に成長していく。「遊びと学び」の青春物語。

 本書は、カバー文で興味を持って図書館から借りて読みましたが、中原中也などの詩を愛する青年の成長を描いた作品と思っていましたが、前半部分はその通りであるものの、中盤から一気に脱線。その脱線でも、そこから競馬や麻雀という展開は著者らしいからいいものの、その展開があまりにも中途半端すぎて、物足りなさを強く感じました。

【満足度】 ★★
posted by babiru_22 at 05:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]