2018年09月26日

『経営者 日本経済生き残りをかけた闘い』永野健二

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経営者 日本経済生き残りをかけた闘い [ 永野 健二 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入



 企業の命運を決めたリーダー達の葛藤と決断! 武藤山治とカネボウの「滅びの遺伝子」、“最後の財界総理”奥田碩の栄光と挫折、豊田章男が背負う「トヨタの未来」…。経済記者が見てきた17の物語を「会社」の視点で描く。

 東芝、トヨタ、三菱、セブン&アイ。会社を「滅ぼす」のは誰か。なぜ今、日本を代表する企業で不祥事や内紛が相次ぐのか。戦前のカネボウから現在のソフトバンクまで、日本をリードしてきた企業の栄枯盛衰と、その企業の命運を決した経営者達の決断と葛藤を描き、日本企業と日本の資本主義のあるべき姿を問う。話題作『バブル』の著者が最前線で目撃してきた、経営トップ達の壮絶なるドラマ。

 本書は、日本の経済社会を動かした経済人に直接会って議論を交わし、本音を聞き出した著者が17人の経営者を評価したもの。ノンフィクションというよりも、著者の考えが強く出ているだけに、読み手によって評価も分かれるとは思いますが、経営者列伝として読むと面白かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:永野健二 経営者
posted by babiru_22 at 16:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]