2018年10月12日

昨日の出来事(10/11)

■ 年金制度見直し 高齢者の就労長期化や自助努力促進も 厚労省

『5年に一度行われている公的年金制度の見直しで厚生労働省は、高齢者の働く期間の長期化や多様な働き方を反映する制度にする一方、高齢者の自助努力の促進も図るとした、見直しの方向性を初めて示しました』とありますが、厚労省の考える見直しでは、若者は更に年金を払わなくなるのでは?

年金制度そのものが、

ほぼ崩壊

しているのだから、見直しというよりも、一度ガラガラポンして新たな制度を作るべきだと思います。

■ 外国人労働者、永住も可能に…熟練技能を条件

『骨子では、特定の分野について「相当程度の知識または経験を要する技能」を持つと認めた外国人労働者に、新たな資格「特定技能1号」を与えるとした。3年間の技能実習を終えるか、日本語と技能の試験の両方に合格すれば資格を得られる。在留期間は最長5年で、家族の帯同は認めない。技能実習生(在留期間最長5年)がこの資格を取得した場合、日本で最長10年間働けるようになる』とのことで、家族の帯同を認めないという点は良いとは思います。

ただ、永住許可を取り消せても、そのまま日本に滞在し続けるケースが後を絶たないだけに、基準を徹底して行ってほしいです。

■ 携帯料金値下げ 毎月5,000円程度に

『携帯料金の家計負担をめぐり、政府は、現在月8,000円程度の大手携帯会社の料金を月5,000円程度にまで引き下げるよう、促す方向であることが、テレビ東京の独自の取材で分かりました』とありますが、政府が介入できるんですかね?

そしてプランの変更で料金は安くすることも可能ではありますから、携帯各社に分かりやすいプラン提供を出すよう行政指導はしてもいいでしょうが、政府にはあまり期待できないんですけどね。。。
posted by babiru_22 at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]