2018年10月14日

昨日の出来事(10/13)

■ ロシア外務省、日本を過激批判「健忘症に陥る傾向ある」

『ロシア外務省の情報新聞局が9月以降、日本政府に対する過激な言葉での批判を連発している。同5日には、北方領土で開催した対日戦勝記念式典に対する日本政府の抗議を受けて、「日本は歴史について健忘症に陥る傾向がある」と反論。同局コメントは外相発言より「格下」だが、ロシア政府の公式見解であることに変わりはない。日本側は「真意が読めない」と戸惑いが広がっている』とありますが、

火事場泥棒

をやっておいて、これですからね。。。

ロシアには、旧ソ連の罪と恥の歴史こそ直視しろ!と言いたい。

■ モスバーガーが謝罪。韓国の店舗で「日本産の食材を使用しておりません」と告知

『同社の発表によると、合弁会社であるモスバーガーコリアが運営する店舗のトレーマットに「安心してお召し上がりください。モスバーガーコリアは日本産の食材を使用しておりません」と韓国語で書かれていた』とのことですが、別にどうでもいいことではありますし、わざわざモスバーガーが謝罪しなくてもいいことでは?

ただ、謝罪するなら最初からやるべきではありません。

■ 手術後の小6女児に教諭がストレッチ行い全治5カ月の重傷

『女児の両親によると、女児は身体障害があり、以前から車いすを利用し、リハビリを続けてきた。自立歩行に向けて股関節を固定していた器具を外す手術を受け、8月末に退院した。市教委によると、女性教諭は9月7日、特別支援学級での体育の授業中に女児の筋肉をほぐそうとあぐらを組んだ状態で背中を押すストレッチをしたという。女児は痛みを訴え、病院で骨折していることが判明。現在も入院している。女性教諭と校長は女児の両親に謝罪。市教委の担当者は「退院直後という特段の配慮が必要な状況で、保護者に確認せずにストレッチをした」としている』とありますが、教諭の確認ミスはありますが、これって教師だけが攻められるものではないのでは?

保護者としても、退院直後であれば、学校や教師側に連絡していれば防げたケースでもあり、どちらか一方だけの問題にすることが間違いだと思います。
posted by babiru_22 at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]