2018年10月28日

昨日の出来事(10/27)

■ 自宅用太陽光電力の蓄電池普及か

『家庭用の太陽光発電の電力の買い取りが来年秋から順次、終了するのを前に、余った電力をためて自宅で消費したいというニーズが高まるとみて、企業の間で蓄電池のビジネスを強化する動きが相次いでいます。国の制度に基づく家庭用の太陽光発電の電力の買い取りは、来年11月以降、順次、終了することになっていて、余った電力は今よりも安く、場合によっては0円で電力会社が引き取ることになっています』とありますが、自宅用太陽光電力を取り付けているところは、蓄電池を買わなければ損でしょうね。。。

当初の話とは様変わりしましたから、詐欺という人もいるでしょうが、今度は

蓄電池ビジネス

の電話勧誘が増えそうなのが嫌ですね〜。。。

■ 五輪会場ピンチ、綱渡りの調整…不正・業者破綻

『2020年東京五輪・パラリンピック競技会場の整備で想定外のトラブルが今月に入って相次ぎ、東京都が対応に追われている。水泳会場に使われた免震・制振装置は国の基準を満たしていない恐れがあることが発覚。テニス会場では改修を請け負った施工会社が経営破綻した。大会への準備期間などを踏まえると工期の大幅な遅れは許されず、綱渡りの調整を強いられる』って、どうする気なんだろう?

これでは洒落にもならないでしょうが、誰も責任取らないんでしょうね〜。。。(呆)

■ 河野太郎外相、中国側に尖閣周辺ブイの撤去要求

『河野太郎外相は26日、北京で中国の王毅国務委員兼外相と会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域で中国が設置したブイの撤去を求めた。王氏は直接回答しなかったが、東シナ海問題などを念頭に意見の対立を適切に処理していくよう強調。両者は東シナ海を「平和、協力、友好の海」にしていく決意を確認した』とのことですが、撤去の要求だけでは中国は何もしないでしょうね。

むしろ撤去しない場合は制裁措置も持さないことこそそ強調すべきです。
posted by babiru_22 at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]