2018年11月05日

昨日の出来事(11/4)

■ 徴用工問題、沈黙続ける韓国大統領府 「関与しない」

『韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた判決を巡り、韓国大統領府が沈黙を続けている。(中略)大統領府関係者は「国務総理室に任せてある。我々は関与しない」と語る』って、韓国は聞く耳すら持たず、平行線しか辿れないのだから、もはや

日韓断交

こそ行うべき!

もはや韓国は国としての体をなしていませんし、それらを教えるだけにも、日韓断交をして、行動で示すことが本当の優しさです。

そこまでしなければ、韓国は理解もできませんし、身勝手な相手には、強気の外交こそすべきです!

■ 奨学金保証、外部機関に=延滞増加に対応−財務省

『財務省は2日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、増加する奨学金返済の延滞に対応するため、回収手続きを迅速化するとともに、奨学金の申し込みの際に外部機関による保証を求めることを提案した。(中略)延滞金の回収にも時間がかかっており、5年以上の長期延滞が全体の6割を占める。奨学金を申し込む際の保証人については、現在、親族などと、外部機関を選択できるが、今後は延滞金の強制回収を行える外部機関のみとすることを求めた』とありますが、貸付型奨学金について理解しきれていない保護者が多いですが、保証人は保護者でも構いませんが、しっかりと回収することが必要でしょう。

借りた金は返すのが当然ですが、制度と仕組みの一部見直しは必要だと思います。

■ 75万円の競馬予想ソフト、馬券当たらず…相談が相次ぐ

『「競馬は投資」などとうたう高額な競馬予想ソフトを購入したが、損をしたという相談が相次いでいることが福島県消費生活センターへの取材で分かった。3日からは秋の福島競馬が開幕。センターは安易にソフトを購入せず、周囲の人に相談するよう呼びかける。(中略)関係者によると、ソフトの金額は約75万円。「金が払えない」と断っても、クレジットカードや消費者金融での借り入れを半ば強引に勧められるケースがあり、届いたソフトを使って馬券を買っても的中しないという』とのことですが、マルチ商法っぽいですね。。。

こうしたことを断ることも人生勉強でもありますが、それこそ親とか知り合いに相談すべきです。
posted by babiru_22 at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]