2018年11月07日

昨日の出来事(11/6)

■ 徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず

『政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない』とありますが、そもそも国際的なルールすら守れないのが韓国でもあるのだから、国際司法裁に提訴するよりも、一発レッドカードの

国交断絶

の方が、現実として受け止めるでしょう。

国際的な大義名分のための国際司法裁への提訴かもしれませんが、徹底して強気に攻めるべきです。

■ バス運転手、指導員に逆上し運行中止 淡路で乗客放置 徳島の海部観光

『海部観光(徳島県美波町)の阿南発大阪行き高速バスで6月12日、50代の男性運転手が同乗する指導員の指示に逆上して運転を途中でやめ、淡路島南パーキングエリア(PA)に停車したまま乗客17人が約1時間待たされていたことが分かった』とのことですが、事故にならなかったから良かったものの、50代にもなって指導員の指示に逆上とか、アホかと。。。(呆)

事故を起こすよりも先に不適格と分かったのは良かったでしょうが、乗客のことを考えずに逆ギレとか、これでは社会不適合です。。。(呆)

■ 被災地、再建を誓う 胆振東部地震発生から2カ月

『道内初の震度7を観測した胆振東部地震発生から6日で2カ月を迎えた』とあるように、昨日で地震から2ヵ月が経過しましたが、道内の各自治体で災害対策の見直しなどをしているところは限られているのが残念なところです。

未だに余震も続いている他、道内各地でも地震が続いていますが、災害時の避難の見直しや、停電時の対応など、特に自治体行政の対応が求められます。
posted by babiru_22 at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]