2018年11月24日

昨日の出来事(11/23)

■ 「韓国、国家としての体をなしていない」…自民党がまた暴言

『自民党の「日本の名誉と 信頼を回復するための特命委員会」の委員長を務める中曽根弘文元外相はこの日の合同会議で、韓国について「国家としての体をなしていない」と度を越えた発言をした。これに先立ち自民党は先月末、韓国最高裁の強制徴用判決後に開かれた会議でもこうした発言をしている。当時の会議出席者らは韓国最高裁の判決内容をめぐり「韓国は国家としての体をなしていない」という発言をし、これを日本メディアが報道した』とありますが、これは暴言ではなく

事実です!

国家間の約束事を平気で破ること自体、国家としての体をなしていませんし、正論を暴言と受け取ること自体、国家としての体はなしていませんね。。。(呆)

■ 消費増税対策 ポイント還元は5% 9か月間で検討 首相

『安倍総理大臣は、来年10月に予定される消費税率の引き上げに伴う景気対策の一環として、クレジットカードなどのポイント還元について、還元率を5%とし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、実施することを検討する考えを示しました』って、システム的に間に合わないのでは?

そもそも政府主導で国民をポイントで釣ろうと考えること自体がダメであり、これでは何のための消費税引き上げなのか本末転倒です。

ここまでするよりも、消費税引き上げをしないことの方が経済的にも財政的にもいいのですが、財務省にいいようにやられてますね。。。(呆)

■ シュライバー国防次官補、民兵漁船「中国海軍と区別しない」

『シュライバー氏は、「尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約(第5条に基づく米国の対日防衛義務)の適用対象であり、米国は同盟国として日本を支えていく」と言明した上で、「中国船の船体の色(が海軍の灰色か海警局の白色か)よりも、これらの船の任務や目的が何かに関して最大の懸念を抱いている」と指摘した』とのことで、シュライバー国防次官補、グッジョブ!

中国に対しての最大の抑止にも繋がる発言ですし、この対応は歓迎です。
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]