2018年12月06日

『音叉』高見澤俊彦

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

音叉 [ 高見澤 俊彦 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)




 大学生の雅彦は高校時代の友人たちとバンドを結成。一方で学生運動に染まる才女や、グラマーな同級生たちとの恋模様に翻弄されていた。しかし、思いがけない悲劇で夢か友情かの決断を迫られ…。『オール讀物』掲載を単行本化。

 日本を代表するロックバンドTHE ALFEEの見澤俊彦による初小説は、恋愛と音楽に溢れる70年代青春小説! 東京の平凡な大学生・雅彦は同級生と組んだバンドでデビューを目指す一方、学生運動に染まる響子やグラマーな加奈子、憧れの美佐子先輩との恋愛模様に翻弄される。順風満帆に見えた大学生活だが、思いがけない悲劇でデビューか友情かの決断を迫られることに。さらにある歴史的事件によって恋愛にも陰りが……。何者かになりたくて足掻く青年たちを、原宿のレオンや赤坂のビブロスといった70年代東京カルチャーをふんだんに盛り込んで描き出す。音楽業界を知り尽くした著者ならではの視点が光るスピンオフ短編も収録。

 物語は、70年代初頭の音楽を通しての青春群像劇。THE ALFEEの高見沢俊彦らしく(著者名では高見澤となっています)、アル中(アルフィー中毒)の人たちだと、私小説というのがすぐに分かるかと思います。思わずコミック『ドリームジェネレーション』を思い出してしまいましたが、70年代の時代背景、音楽事情がリアルに伝わってきます。

【満足度】 ★★★★
ラベル:高見澤俊彦 音叉
posted by babiru_22 at 19:20| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]