2018年12月29日

昨日の出来事(12/28)

■ レーダー照射、映像公開へ…韓国が改めて否定で

『韓国海軍の駆逐艦が日本海で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題をめぐり、防衛省は近く、哨戒機が撮影した当時の映像を公開する方針を固めた。27日にテレビ会議で行われた日韓防衛当局間の協議で韓国側が事実関係を改めて否定したため、公開に踏み切ることにした。政府関係者によると、映像には、韓国海軍の駆逐艦の近くに北朝鮮籍とみられる漁船が映っていた。韓国側は、遭難した北朝鮮の漁船をレーダーで探索していたが、火器管制レーダーは使用しておらず、電波が海自哨戒機にあたった可能性はないと主張している。しかし、駆逐艦の近くに漁船がいたことが判明すれば、韓国側の説明は矛盾する可能性が出てくる』って、

韓国オワタ\(^o^)/

最初の段階で素直に謝罪していれば良かったものの、軍が瀬取に関与してるのだから、国際的な制裁も確定ですね。(呆)

さぁて、韓国軍どう言い訳するんでしょうか?

アメリカの怒り買うのも確定ですが、見事なまでの自業自得www

■ 映像公開に反発=レーダー照射を再び否定−韓国

『韓国国防省の崔賢洙報道官は28日、臨時の記者会見を開き、防衛省の映像公開に深い憂慮と遺憾を表明し、強く反発した。映像は「日本側の主張に対する客観的な証拠とはみられない」と指摘し、海上自衛隊のP1哨戒機に韓国駆逐艦が火器管制レーダーを照射した事実を改めて否定した』とのことですが、客観的な証拠かどうかを判断するのは、見た人なんですけどね。。。(呆)

嘘で嘘を塗り固めるお馴染みの手法ですが、何だかもう必死すぎて、笑ってしまいます。。。(呆)

■ 岩屋防衛相 韓国軍のレーダー照射問題 “午後に映像公開”

『「もし、わがほうにこうした事案が発生し自衛隊員に問題があったら、処分も行い、謝罪する。『申し訳なかった。二度と起こさない』という話ができる関係を築きたい。両国にはさまざまな困難があるが、安全保障上は極めて重要な関係であり乗り越えていく」と述べました』とありますが、防衛相としては失格の発言です。

謝罪したから許すという問題ではなく、国としてのあり方が問われるべき問題であるだけに、何で韓国に道理を求める発言をするのか、全く理解不能。

更迭すべき発言でもあり、こんなこと言っているから相手からは舐められる態度を取られるのだから、毅然として強気に事実を述べるべき!
posted by babiru_22 at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]