2019年02月24日

昨日の出来事(2/23)

■ 「記者が国民の代表とする根拠を示せ」官邸側が東京新聞に要求

『東京新聞が「記者は国民の代表として質問に臨んでいる」と主張すると、官邸側は「国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員。貴社は民間企業であり、会見に出る記者は貴社内の人事で定められている」との反論があったという』とありますが、記者はあくまでも新聞社から選ばれて質問している立場であって、国民の代表と言ってることがおこがましすぎる!(怒)

しかも質問内容が事実に基づかないものばかりとか、東京新聞こそ

反省しろ!

と言いたい。。。

■ 防衛相、釜山沖訓練に参加表明 韓国は海自不参加と発表

『岩屋毅防衛相は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)の事務レベル会合に合わせ、4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを表明した。一方、韓国国防省は22日に海自は参加しないと発表。日本側は戸惑いを見せている』とのことですが、まず海自は釜山沖での訓練には参加すべきではありません。

今の状況下で防衛相が釜山沖訓練に参加表明すること自体おかしなことで、この防衛相は更迭すべきで、防衛相なら毅然とした態度を取れ!(怒)

■ 天皇陛下と韓国・文議長「御面会になった記録はありません」 宮内庁、夕刊フジに正式回答で「完全否定」

『「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した非礼発言を続ける韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長について、宮内庁が夕刊フジに正式回答を寄せた。文議長が、韓国メディアのインタビューで、天皇陛下から訪韓の仲介を頼まれた−といった趣旨の話をしていたが、陛下と文議長の面会について完全否定したのだ』とありますが、一々確認しなくとも韓国が嘘付いているのは一目瞭然ですから、バカを相手にせざるをえない宮内庁も気の毒です。

平気で誰もが分かる嘘を付く韓国国会の議長とか、もはや国家の形を成していませんし、こんな国は国交断絶すべきです。
posted by babiru_22 at 03:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]