2019年03月01日

『対岸の家事』矢野帰子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

対岸の家事 [ 朱野 帰子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/1時点)




 家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ詩穂。娘とたった二人だけで繰り返される毎日に、自分の選択が正しかったのか迷う。そんな彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいて…。

 家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ、専業主婦の詩穂。娘とたった二人だけの、途方もなく繰り返される毎日。幸せなはずなのに、自分の選択が正しかったのか迷う彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいた。二児を抱え、自分に熱があっても休めない多忙なワーキングマザー。医者の夫との間に子どもができず、姑や患者にプレッシャーをかけられる主婦。外資系企業で働く妻の代わりに、二年間の育休をとり、1歳の娘を育てるエリート公務員。誰にも頼れず、いつしか限界を迎える彼らに、詩穂は優しく寄り添い、自分にできることを考え始める……。

 本書は、女性が一人で家事や育児を抱え込むワンオペ育児をテーマに描かれた作品。専業主婦の詩穂、育休中キャリア官僚の達也、働く母の礼子の3組の若い夫婦を軸に、物語が展開しますが、それぞれの家庭事情、家事と育児の大変さは、子育て中の主婦の方は共感する人も多いと思います。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 17:56| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]