2019年03月08日

『信長の原理』垣根涼介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信長の原理 [ 垣根 涼介 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/3/8時点)




 蟻を用いた試みにより、信長は「ある原理」を確信し、秘かに危惧する。やがて案の定、織田家を裏切る者が続出し始め…。信長の内面と「本能寺の変」の真実を抉り出す。『小説野性時代』連載を加筆し単行本化。

 吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあった―どんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。結果、恐れていたことが実証された。神仏などいるはずもないが、確かに“この世を支配する何事かの原理”は存在する。やがて案の定、家臣で働きが鈍る者、織田家を裏切る者までが続出し始める。天下統一を目前にして、信長は改めて気づいた。いま最も良い働きを見せる羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。あの法則によれば、最後にはこの五人からも一人、おれを裏切る者が出るはずだ…。

 物語は、信長が何故家臣達に裏切られるのかを、働きアリの法則に当てはめて描いた時代小説。信長の内面を面白く取り上げ、その視点がとても斬新です。その視点と分析は見事で、本能寺の変の真実は「ひょっとするとこれかも」と思わされますし、時代小説としては見事な切り口です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]