2019年03月22日

『馬を巡る旅 旅路の果ての夢』小檜山悟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

馬を巡る旅?旅路の果ての夢? [ 小檜山悟 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/3/22時点)




 馬主、スタッフ、騎手、そして馬たち。すべてが縁でつながり、必然的にストーリーが生まれる…。JRA現役調教師が、競馬の真実を語る。『週刊競馬ブック』連載を加筆修正して単行本化。

 JRAの小檜山悟師が、現役調教師でしか知り得ない現場で起こっている本当の「事件」を余すところなく語った。トレセンで競馬場であるいは牧場で、馬と人が織りなす真実のストーリーは競馬関係者の評判も高い。今まで語られることのなかった現場の真実が明かされた競馬ファン必読の書。

 本書は、「週刊競馬ブック」の連載をまとめたもので、シリーズ3作目となる競馬エッセイ。調教助手時代に関わった馬や、調教師として管理した馬など厩舎での出来事、ターフの交遊録、競馬の過去と未来…と様々なエピソードと共に著者の競馬に携わる思いが伝わる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]