2019年04月20日

『日本の漫画本300年 「鳥羽絵」本からコミック本まで』清水勲/猪俣紀子




 漫画本は日本漫画史のうえで、どのような役割をはたしてきたのか。「鳥羽絵」本が登場した享保5年から、ストーリー漫画の多様化がみられる平成期まで、代表作を豊富な図版とともに紹介し、300年の漫画史を追う。

 漫画本が日本で最初に登場したのは1720年である。以後、江戸から現代に至る300年間、様々な種類の漫画本・コミック本が刊行され、子どもから大人までが楽しむものになった。また、漫画本は商品として量産されてきたことで大衆娯楽の一つとして発展してきたのである。本書はその長い歴史上での代表作を、豊富な図版とともに内容と作者を中心に紹介する。日本の漫画史を知るためのガイドブック。

 本書は、7章に分けて「江戸期」「明治期」「大正期」「昭和戦前期」「昭和20年代」「昭和戦後期」「平成期」と、江戸から現代の代表作を、豊富な図版とともに紹介したもの。資料的な漫画史でもあり、平成以降の作品は少ないものの、江戸時代の「鳥羽絵」から現代のコミックまでの変遷を分かりやすく解説しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]