2019年04月27日

『もういちど、本屋へようこそ』田口幹人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もういちど、本屋へようこそ [ 田口 幹人 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/4/27時点)




 本屋を数多く見つめてきたジャーナリスト、地域で奮闘している書店員、取次会社、司書…。本と読者との出会いの手伝いをし続けている人々とともに、本屋にいるからこそわかる、「本屋」と「本」をめぐる世界の面白さを伝える。

 日本や海外の本屋を数多く見つめてきたジャーナリスト、地域ごとの「書店大賞」に取り組んだり、書店空白地をなくすために「走る本屋さん」始めた書店員、震災にも負けずに今日も本を届ける書店員、出版社と本屋を結ぶ立場から読書の面白さを伝えようとする取次会社、本屋の店頭を飛び出して本屋の再定義に挑戦する人……。本と読者をつなごうとする人々の奮闘に胸が熱くなるとともに、「本屋」と「読書」への見方が変わる一冊。

 本書は、各地で頑張っている書店員や取次、司書、レビュアーサイト関係者にそれぞれの立場から、熱い思いと活動を綴ってもらったもの。本に携わる方たちの熱い思いが詰まっており、その奮闘ぶりにも刺激を受けました。読書についても考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]