2019年05月20日

『天命』岩井三四二

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天命 [ 岩井三四二 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2019/5/20時点)




 大内、尼子の二大勢力に翻弄される小国人・毛利家の次男に生まれた元就。戦国を駆け抜けた男の、生き方を変えたものは何だったのか。武略名高き西国の雄・毛利元就の戦いの生涯を描く。『小説宝石』掲載に書下ろしを追加。

 大内、尼子の二大勢力に翻弄される小国人・毛利家の次男に生まれた元就。山寺に隠棲し晴耕雨読する暮らしを夢見、出陣の前には子猫のようにおびえる若者だった。兄を亡くし、大将として、いつ敵方に寝返るとも知れぬ家臣たちをまとめた元就は、家をあずけることの出来る妻をもち、戦国を生き抜くために必死で足掻き、頭を使い、人を信じ、裏切り、兄弟、妻、そして―大事なものたちを喪った。みずからも九死に一生を得て己の天命を知った男は、幾度も哀しみから立ち上がり、策を極めた逞しい武将となっていく。猛悪無道と恐れられ、武略名高き西国の雄と呼ばれた毛利元就。その戦いの生涯を描く傑作歴史小説。

 本書は、毛利元就の生涯を描いた歴史小説。十カ国を支配する大大名にまで登りつめ、生涯を終えるまでが、読みやすい物語として描かれており、知将と呼ばれる所以が分かりやすくまとめられています。

【満足度】 ★★★☆
ラベル:岩井三四二 天命
posted by babiru_22 at 18:27| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]