2019年05月22日

『日本人の勝算 人口減少×高齢化×資本主義』デービッド・アトキンソン




 「日本人の優秀さ」こそ、この国の宝だ…。在日30年、日本を愛する伝説のアナリストが、日本経済に関する外国人エコノミストの論文等の分析結果から人口減少・高齢化の影響を検証し、日本人の未来を示す。

 本書は、アナリストから見た日本という国の問題点、特に生産性を中心にデータ分析から解説したもの。少子高齢化、人口減により日本は生産性を高めていく必要があることを説いており、著者の提案には概ね賛成です。問題はそれらの課題に対して実現できるかどうかというところでもありますが、「日本人の勝算」に気づき、行動を開始できるかどうかが、これから試されるのが日本人であるとも思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]