2019年05月24日

『ひとつむぎの手』知念実希人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとつむぎの手 [ 知念 実希人 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/5/24時点)




 大学病院で過酷な勤務に耐える平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に3人の研修医の指導を指示される。さらに、赤石が論文データを捏造したと告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられ…。

 大学病院で過酷な勤務に耐えている平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に、3人の研修医の指導を指示される。彼らを入局させれば、念願の心臓外科医への道が開けるが、失敗すれば……。さらに、赤石を告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられる。医療ミステリーの旗手が挑む、スリリングなヒューマンドラマ!

 物語は、大学病院の心臓外科の医局を舞台にしたヒューマンドラマで、教授、講師、助教、研修医らが、それぞれの世代ごとに医師や医療、仕事に対する考え方が異なりながらも、成長していく様子が描かれています。医師でもある著者だけに、医局の人間ドラマは読み応えがあり、臨場感もあります。これまでの著者の医療ミステリとは違い、ミステリ部分は弱いですが、その分登場人物それぞれの人間模様が細かく描写されており、ドラマ化もしてほしい作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:24| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]