2019年06月10日

『限界都市 あなたの街が蝕まれる』日本経済新聞社編




 タワマン乱立、マンションに押し寄せる「老い」、虚構のコンパクトシティ…。日本列島で同時進行する「合成の誤謬」に、データ分析と現地取材でメスを入れる。『日本経済新聞』『日経電子版』掲載を加筆し書籍化。

 再開発で次々と建設されるタワマンやオフィスビル。一方で取り残される老朽団地や空き家・空き地の増加、進まぬコンパクトシティー化。誰も全体を把握できないまま日本列島で同時進行する「合成の誤謬」に、データ分析と現地取材でメスを入れる。

 本書は、人口減が進むなかで高度経済成長期の手法で再開発が続けられる日本の都市の歪みの実態を、現場取材と独自のデータ分析も交えて明らかにしたもの。武蔵小杉や東京湾岸地域といった人気の街で起きている学校・交通などインフラ不足、町内会や日照の問題などの実態を取り上げる他、日本各所で起きている問題を現地取材で取り上げています。また、多くのマンションで修繕積立金が不足しつつある実態、タワマン併設事業にこれまで1兆3000億円の公費が投入されてきたこと、空き家予備軍が全国705万戸、三大都市圏336万戸もあることなどを独自のデータ分析で明らかにしています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]