2019年07月01日

『東京輪舞』月村了衛

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京輪舞 [ 月村 了衛 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/7/1時点)




 田中角栄邸の警備をしていた警察官・砂田修作は、公安へと異動し、「ロッキード」「地下鉄サリン」など、数々の事件と関わっていく…。昭和・平成の裏面史を「貫通」する公安警察小説。『週刊ポスト』連載を加筆し単行本化。

 かつて田中角栄邸を警備していた警察官・砂田修作は、公安へと異動し、時代を賑わす数々の事件と関わっていくことになる。ロッキード、東芝COCOM、ソ連崩壊、地下鉄サリン、長官狙撃……。それらの事件には、警察内の様々な思惑、腐敗、外部からの圧力などが複雑に絡み合っていた……。圧倒的スケールで激動の時代の暗闘を炙り出す、前人未踏の警察大河ミステリー!

 本書は、ロッキード、ソ連崩壊、オウム、地下鉄サリン、北朝鮮問題……など、昭和から平成の世に起こった大事件の裏側に迫り、かつて、田中角栄邸の警備担当だった警察官・砂田が、己の信じる正義を胸に、警察組織に蔓延る闇に立ち向かっていく作品。人間の果てしない欲望、個人では抗えない権力、組織の腐敗を主人公・砂田の視点で描く様は、ドキュメンタリー作品を読んでいるようで、緊迫感とスピード感ある展開で、公安から見た昭和史が描かれています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]