2019年07月18日

『ビブリオ漫談 「笑い」と「ユーモア」あふれる本の紹介』笹倉 剛




 2人もしくは3人が楽しい「笑い」や「ユーモア」を誘うようなかけあいで本を紹介する、「ビブリオ漫談」。そのよさを説明し、実践を中学生〜一般向け、小学生向けに分けて紹介する。

 本の紹介におもしろさやユニークさだけでなく「笑い」や「ユーモア」の要素を入れるとどのようになるか。実践をしていくと、思った以上に子どもたちは前向きに取り組んでくれました。それが今回紹介する「ビブリオ漫談」です。読書が嫌いな子どもを本に向かわせるには、読書が楽しくておもしろいと実感をさせていく必要があります。本嫌いな子どもには、「今まで経験したことのない分厚い本でも、自分で読んでみたらおもしろかった! 」という体験を一度でもいいからさせないといけないと思います。そういう子どもたちに少しでも、読書に目を向けてもらうような動議づけが必要なのです。 そこで考えたのが、今までとは違った本の紹介で、「笑い」や「ユーモア」を交えながらのビブリオトークです。

 「ビブリオ漫談って何だ?」……と思い、読んだのが本書。ビブリオバトルと非常に良く似ていますが、笑いやユーモアを要素とし、読書の面白さを実践するよう、一般向けや小学生向けへの紹介が数多くの事例として紹介されています。ビブリオバトルは1冊の本を1人が5分間で紹介しますが、ビブリオ漫談は1冊の本を数名で紹介し、そこに笑いやユーモアのかけ合いを入れて本の紹介を進めていくというもの。一人での紹介だと一方的な主観での表現となりがちですが、複数で紹介し、笑いも交えてとなると、協調性も求められますし、面白さという意味では参加者には伝えやすい本の紹介であるとも思います。これも図書館などで開催されると面白そう!

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]