2019年07月22日

昨日の出来事(7/21)

■ 参院選 与党 改選過半数確実 改憲勢力3分の2に届く可能性も

『21日投票が行われた参議院選挙で、自民・公明両党は改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です』とのことで、今回の参院選は

与党圧勝

ということになりましたが、これも裏を返せば、それだけ野党がだらしなかったということ。

政策議論をすべきなのに、議論からせずに批判ありきの無責任体質に国民がノーを突きつけたということでもあるでしょう。

野党はこの現実を真摯に受け止め、現実的な政策を出して、与党に対峙してほしいですね。

■ 30代以下支持、増す自民 60代以上と逆転 出口分析

『若い有権者の自民と立憲・国民への投票行動の落差が、自民の堅調ぶりを支えているようにも見える』とありますが、朝日新聞らしくない書き方でもありますね。

それだけ若者が冷静ということなのでしょうかね?

■ 参院選、推計投票率は49%

『参院選の投票率(選挙区)は、共同通信社の21日午後9時現在の全国推計で49.42%となった。前回2016年参院選の54.70%を下回り、50%前後となる可能性がある』とのことですが、投票率低すぎますね。。。

政治に関心を持たない人がそれだけ多くなってということでもあるでしょうが、投票しなかった人は政治に対しての批判する資格もないと思いますし、生活と直結するのが政治でもあるだけに、しっかりと国民一人一人がチェックしなければならないとも思いますが、そこまでの余裕もないということかもしれませんね。。。
posted by babiru_22 at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]