2019年08月24日

『図解 身近な科学 信じられない本当の話』涌井貞美




 ウンチが薬になる、飛行機に乗ると体重が軽くなる、地球は洋ナシ形をしている…。現代科学の疑問や謎、不思議についてわかりやすく解説。生命科学や物質科学はもちろん、人間科学や数学、統計学など幅広い理系テーマが満載。

 AI(人工知能)、量子コンピューター、遺伝子工学、動物実験など、さまざまな「最新科学」のニュースがメディアを時折にぎわせていますが、それはつまり、「現代科学」の話題はこれからの私たちの生き方や未来をも大きく変える可能性のある「誰もが知りたい訴求力ある情報」であることを意味します。けれども私たちは、残念ながら、現代の科学を理解するための基礎知識が、「学校で教わった範囲」あるいは「ほとんど知らない」状態なのが現実でしょう。そこで本企画は、知っておくべき科学の基本や、現代科学を読み解くのに必要な知識について、身近な例を挙げながらやさしく解説。わかりやすい図解(イラスト・写真)を用いながら本文展開することにより、学生から年配層まで、科学全般の知識が浅い読者でもとっつきやすく、読むだけで「科学の教養」が身につけられる100項目を提供する内容です。

 本書は、動植物、天体から物理、統計学まで意外すぎるサイエンス100項目についてが書かれる科学本。現代科学のポイントをやさしく図解で紹介し、誰でも科学の教養を身につけられる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:53| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]