2019年08月26日

『仕事論  「水曜どうでしょう」2人の名物ディレクターが働き方を語る』藤村忠寿/嬉野雅道

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕事論 [ 藤村忠寿 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/8/26時点)




 できないことは「できない」と言う、面白いと思ったことしかやらない…。伝説の北海道ローカル番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター2人が、やりたいことで結果を出すための「自分勝手」な思考法を語る。

 北海道のローカル番組として始まった『水曜どうでしょう』。口コミで評判が広がり、全国で放送される超人気番組となりました。枠にとらわれない斬新な番組を見て、「楽しそうな仕事だな」「こんな風に自分のやりたいことをやれたらいいな」と思う人も多いでしょう。しかし、ただやりたいことをやっていても、世の中は受け入れてくれません。ただ楽しいことをやっていても、人は面白がってくれません。自分たちがやりたいことで結果を出すためにどうしたらいいか。番組を支える2人のディレクターに、その本質を聞きました。

 本書は、『水曜どうでしょう』の2人の名物ディレクター藤村忠寿と嬉野雅道が働き方を語る初のビジネス書。「どうでしょう」おなじみのシーンの誕生秘話も多く語られていて、「どうでしょう」ファンは面白く読むことができます。参考になるというよりも、この2人のディレクターらしさが語られる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]