2019年09月06日

『日本共産党の正体』福冨健一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本共産党の正体 (新潮新書) [ 福冨 健一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)




 党員30万人、国と地方約2800人の議員を擁する日本共産党。史的唯物論などの独自理論から組織、歴代書記長、資金、綱領まで、共産主義と日本共産党を知るうえで必要な基礎知識を解説。その危険性と問題点を露わにする。

 事実その1「共産党はドイツで憲法違反」、その2「共産主義で失われた人命は5000万人超」、その3「トップの任期は制限なし」、その4「いまも目指す天皇制廃止」…党員30万人、国と地方合わせて約2800人の議員を擁する巨大組織の本質を見誤ってはいけない。史的唯物論などの独自理論から組織、歴代書記長、資金、綱領まで、共産主義と日本共産党を知るうえで必要な基礎知識。危険性と問題点を露わにする。

 本書は、複数の政党の職員として長らく共産党研究に携わってきた著者が、共産主義の生い立ちからその本質に至るまでを解説したもの。その内容は、共産党批判という感じではなく、共産主義の基本や日本共産党の歴史を淡々と記述しているもので、偏向的な内容にはなっていませんが、「日本共産党の正体」としているのであれば、過去の数々の事件についても触れるべきでしょうし、中途半端な解説となっていたのが少々残念です。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 15:58| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]