2019年09月09日

『ピーク』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピーク [ 堂場瞬一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/9/9時点)




 新米の時に野球賭博のスクープを放った社会部遊軍記者の永尾。17年後、自分の記事で球界を永久追放された“幻のエース”が殺人罪で裁かれる。取材を開始した永尾は真実にたどり着くが…。『小説トリッパー』掲載を単行本化。

 社会部遊軍記者の永尾賢治は、新米記者1年目に「野球賭博」のスクープを放つものの、その後はパッとせず、最近では「一発屋」と卑下する日々が続く。また自分の記事により、入団わずか1年で永久追放された“幻のエース”が忘れられずにいた。あれから17年、永尾の目の前に、“幻のエース”がいる。彼は法廷で立ちすくみ、殺人罪の容疑で裁かれようとしていた。裁判を傍聴しながら不審な点に気づいた永尾は、独自に取材を開始する。徐々に明らかになる“幻のエース”が隠し続けた過去や動機。やがて永尾は、警察さえも見落としていた真実にたどり着くのだが…。

 本書は、新人の年に大活躍した投手とそれを報道した新聞記者の物語。登場人物の人間模様が描かれた作品でもありますが、その人間模様に深みがそれほど感じられず、過去に囚われすぎていたのと、主人公の自己弁護には違和感を感じ、作品としてはイマイチでした。

【満足度】 ★★☆
ラベル:堂場瞬一
posted by babiru_22 at 18:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]